見出し画像

内定者が聞く!メインサービスを一人で担当する新卒1年目の努力と展望

みなさん、こんにちは!
株式会社CHINTAI2024年度新卒内定者のi.sです!

新年度を控える今、引っ越しシーズンということもあり、テレビなどでお部屋探しのCMを目にする機会も多いのではないでしょう。

私が4月から入社予定である「スマホでCHINTAI~♪」でお馴染みのCHINTAIは、「住まい」「お部屋」をベースに、暮らしを豊かにするためのさまざまなメディアを運営している会社です。

今回は、「学生にいちばん近い、新卒1年目の先輩社員のリアルな声を聞いてみたい!」ということで、メディア運営を担当している部署に所属している得居亮太さんにインタビュー。CHINTAIに入社したきっかけや現在までの業務、今後のビジョンについてお伺いしてきました!

メディア&マーケティンググループに所属している、新卒1年目の得居亮太さん。趣味はゲーム

自社開発できる企業で働きたい!就活中のブレない軸

―得居さんがCHINTAIと出会ったきっかけを教えてください!

就活をしている時、IT系の企業を探していて、その中でもCHINTAIのように自社でサービスを持っている会社に入社したいと思っていました。

そんな中、CHINTAIがサマーインターンを開催しており、実際に参加してみたんです。3〜4人でチームを組んで新しいサービスを企画するというグループワークがあったんですが、これが本当に楽しくて、「この会社なら面白い企画をやらせてもらえるかも!」と思い、興味を持ち始めたのがきっかけです。

―IT系の企業は多いと思いますが、他の企業とも迷われていましたか?

そうですね。他にも自社でサービスを持っている会社と迷っていて、IT・ゲーム業界を中心に20〜30社ほどは受けていました。

大学は社会学系の学部だったのですが、データサイエンスの授業を履修して、ITを学んでいました。また、プログラミングを勉強したり、簡単なゲームを作ったりしていたので、自分の興味があるIT・ゲーム業界を目指していた感じですね。

―けっこう迷われていたんですね!その中でも、CHINTAIに入社を決めた理由はなんですか?

自分がつくったサービスを、世に出せる可能性がすごく高いと思ったのが決め手です。

そう思った理由は二つあるのですが、まず一つはCHINTAIのインターンシップで行った、グループワークでのサービス企画がきっかけでした。

グループワークで私たちのグループは、新大学1年生をターゲットにした「同じ大学の4年生と新1年生を繋ぐ、物件マッチングサービス」を立案。結果は未承認だったのですが、手段に固執せず、サービスを作る上でのターゲット設定や目的を大切にするという考え方など、当時の自分には勉強になったことが多かったと感じています。これをきっかけに、CHINTAIでは企画が承認されれば、自分の考えたサービスが世に出せる可能性があると思いました!

また選考中に、CHINTAIが運営している『Woman.Store』というECサイトを立ち上げた中途2年目の社員の方が、企画から在庫調達、サイトの管理までほぼすべて担当していて、社内起業家のように仕事をしているという話を伺ったんです。この話を聞いて、「一人でサービスの企画から運用まで任せられるのはすごいな!」と感じました。

また人事の方より、「積極的に活動している人にチャンスが与えられる」という話も聞き、「自分も入社したら、サービスの立ち上げができるかもしれない!」と思ったこともCHINTAIへ入社を決めた理由の一つです。

実際に入社してからも、メインのサービスの担当になれたり、企画に携われたりと、新卒1年目から裁量を持って働けています。それと、みなさん優しい人ばかりで、会社に馴染めそうな雰囲気があったのも大きな決め手でしたね。

新卒1年目から一人でメインサービスを担当!

―得居さんは、入社した時からメディア&マーケティンググループで働きたいと思っていたんですか?

そうですね。メディア&マーケティンググループで働きたいと思っていたので、ずっとアピールしていました(笑)。学生時代に簡易的なゲームを作ったり、プログラミングをやっていたりしたので、面接や研修時に先輩や役員の方に伝えて続けていたんです。

その甲斐もあってか、念願だったメディア&マーケティンググループに配属されました!

―そうなんですね!入社してからは、どのような業務を経験してきましたか?

新入社員研修を経て、7月よりメディア&マーケティンググループに所属。7月から10月までは自己学習期間として、自分でホームページを立ち上げて、記事配信を行っていました。そして、11月から現在までは、CHINTAIアプリとぺやさがしアプリの担当業務をしています。

―自分でホームページを立ち上げていたんですね!ちなみに、どのようなテーマのホームページだったんでしょうか?

ポケモンカードをテーマにしたホームページです!

ただ、自己学習期間の目標は、ホームページの作成ではなく、月間で1000セッションの流入だったんです。なので、最初のテーマ決めは大分苦労しました…。ユーザーが見たいと思うテーマにしないと、目標達成できない、そう思いました。

どんなテーマだと、ユーザーが見たいと思ってくれるかと考えたときに、「ポケモンカードってよく話題になるし、子供から大人まで見てくれるかも!」と思い、私自身も昔からポケモンカードが好きだったこともあり、題材にしました。

―ポケモンカードに興味がある人って多そうですもんね!私も今度得居さんが作成したホームページを見てみたいと思います。
では、現在の担当業務と1日のスケジュールについて、教えていただけますでしょうか?

CHINTAIアプリとぺやさがしアプリ、2つのアプリの企画や改善に関する業務をしています。具体的には、アプリ内でユーザーに問い合わせてもらうために、問い合わせボタンを追加したりデザインを変更したりするといった施策を考え実行しています。

スケジュールは日によってバラバラなのですが、午前中に企画を考えていることが多いです。なぜかわからないんですが、午前中の方が頭が働いて、良い企画のアイディアが生まれることが多いんですよ(笑)。

午後は会議に参加したり、データの分析や広告のデザインなど作業的な業務をしたりしていますね。CHINTAIはリモートワークもできるので、出社するのは大体週2〜3日くらいです!

―新卒1年目から2つのアプリの企画を担当するなんてすごいですね!大変そうに感じるのですが、業務の中で苦労していることはありますか?

難しいことばかりなのですが、プレゼンの際に論理的に説明したり、データでこのくらい効果があると示したりするのが特に難しく感じています。

「ここ使いづらいな」「ここを直したい!」という気持ち自体は大事なのですが、それだけではなかなか企画は通らないことが多いんですよね。

例えば、「アプリ内の物件が見づらいから写真を大きくしたい!」と思った時に、「単純に見づらいから大きくしたいです!」ではなく、「その写真が見やすくなることで、ユーザーが物件を視認できるようになって、一覧で並んでいる時にタップしやすくなります!」みたいな説明と提案が必要なんです。

―日々、どんなところを改善した方がいいかデータに基づいて考える必要があるんですね。企画が思いつかない時もありますか?

たくさんあります(笑)。そういう時は、ユーザーがどれくらいでページを離脱しているかを確認して、原因がありそうなところを分析したり、使いやすくなるような施策を考えたりしています。

また、他のアプリで流用できそうな部分やデザイン、設計などを見つけてアイディアを膨らませることも多いです!

―逆に、今まででうれしかったことや、やりがいを感じたことを教えてくさい。

自分が企画した施策によって、ユーザーからの反響などが増えた時はすごくうれしかったですね。

あと、CHINTAIアプリとぺやさがしアプリ、2つをすべて担当しているのは自分一人だけなんです。

もちろん、先輩にはたくさん助けていただいていますが、企画を立てて機能を実装して、社内確認を経て、AppleStoreやGooglePlayでアプリを配信するという、みなさんの手元に届くまでの流れを一貫して全部一人でやらせてもらっているので、「裁量を持って働けている!」とやりがいを感じています。

―新卒1年目から一人で業務を任せられているんですね!すごいです!ちなみに、得居さんはどんなことを意識しながら、仕事に取り組まれていますか?

やることが増えてきた時に、優先順位をつけて取り組むようにしています!1日の最初に、今日やることを書き出して、それを優先度の高い順に並べて実行しています。最近は、一つの業務にどれくらい時間がかかったかを測っていて、早くできるようにしたり、進みの悪いところをどうすれば早くなるか先輩に相談したりしていますね。

―正直、CHINTAIに入社して良かったですか?

はい!先輩たちが本当に優しくて、困ったらすぐに聞ける環境があるので、とても働きやすいです!

―入社の決め手でも、優しい方が多いとお話しされていましたが、入社後もそれを実感したんですね!CHINTAIに入社する前とした後のギャップはありましたか?

入社前は、「リモートワークでちゃんとコミュニケーションが取れるのかな?」という不安がありました。でも実際に入社してみると、会社に行けば誰かしらいて、困ったことがあればすぐ聞けるという点は、いいギャップでしたね。

あとは、配属先がメディア&マーケティンググループって名前なので、ずっと記事を書いているのかなって思っていたのですが、今やっているような機能的な改善の施策を立てたり、開発の方にも携われたりするのは驚きました。もちろん、記事を書いていたり、SNSを運用していたりする人もいるので、人それぞれではありますが、メディアといいつつ幅広い業務に携われるということが、入社してわかった魅力的な部分だと思います。

革新的な企画を生み出すオールラウンダーへ

―得居さんの今後のビジョンについて教えてください!

まずは、今CHINTAIのサービスを使っている人が本当に使いやすく、便利だと思ってもらえるようなサービスを作れるようになりたいです。そのためにも、自分自身レベルアップして、企画や施策をどんどん生み出し続けられる人になりたいですね。

また、物件へ問い合わせしやすい仕様であるという目的は大切にしつつ、その中で遊び心を出して、ユーザーが使って楽しいと思ってもらえるようなサービスを作りたいと思っています!

いつかは自分で新しいサービスを立ち上げたり、既成概念にとらわれないアプリやサービスを提供したりしていきたいですね。

将来的には、一人でなんでもできる、オールラウンダーになりたいです!

―たくさんお話を聞かせていただき、ありがとうございました!最後に、これから就活をスタートする学生も多いと思うので、就活生に向けて何かアドバイスなどあれば教えてください!

就活していた時は、自己分析をして自分が大事にしているものを見出して、その上で自分の興味・関心に合わせた企業を選んでいました。まずは、自分がどういう仕事がしたいのか、どういう風に働きたいのかを分析することが大事だと思います。

みなさんが、自分のやりたいことを見つけて、自分に合った企業に巡り合えるように応援しています!

◇◇◇


今回は、メディア&マーケティンググループに所属する得居さんのインタビューをお届けしました。

「社会人1年目からこんなに裁量を持って働けるんだ!」と想像以上で驚きました。また個人的には今回のインタビューで、「オールラウンダーになりたい」という目標に向かって日々努力している得居さんの考えに触れることができて、すごく勉強になりました。

4月からCHINTAIで働くのが、とても楽しみです!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

※社員の所属および記事の内容などは2024年2月現在のものです。


この記事が参加している募集

#企業のnote

with note pro

12,984件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!